FXイメージ
HOME > 2倍のスプレッドで「経由円転」する

2倍のスプレッドで「経由円転」する

最近では、外貨同士の通貨ペアで取引する人も多くなってきました。

リーマンショック以降、相次ぐ米ドルの利下げにより、「超低金利政策」はもはや日本だけの特徴ではないのです。アメリカでも、「実質ゼロ金利(政策金利からインフレ率を引いた場合)」が取られており、米ドルを軸とした外貨同士の通貨ペアでも、変動差益とスワップポイントの両面から利益が狙いやすくなったのです。

さて、「米ドル+もう1つの外貨」で取引をしている場合、最終的に円転する時の「為替リスク」は怖いものです。最初の「日本円→米ドル」の両替の時より、最終的に円安になっていれば「利益が増す」という結果になるのですが、最初のドル両替の時より円高になっていれば、取引による利益も圧縮されてしまうことになります。

このような場合、スプレッドや手数料は2倍必要になりますが、「ユーロ経由」で円転する方法があります。最終的な円転で損をするということは、最初の両替の時点より「円高」になっているということであり、「円高ドル安の状態になっている」ということです。しかし、「円高ドル安」になっている時は、「円安ユーロ高」になっていることが多く、「米ドル→日本円」と近道をするのではなく、あえて「米ドル→ユーロ→日本円」のように、ユーロを経由して円転することで、為替リスクを多少は押さえることが出来るのです。

ただし、前述のように、1つの通貨を間に入れて円転するわけですから、スプレッドは2倍必要になってしまいます。また、取引手数料が必要な場合も、2倍支払う必要がありますので、その点を考慮して十分に利益を確保できるなら、ぜひこの方法を検討してみてはいかがでしょうか?

▲ページトップに戻る