FXイメージ
HOME > FXと外国為替取引の違い

FXと外国為替取引の違い

"一般に証券会社や銀行で発売されている外国為替商品は基本的にレートを換算してそのままの料金で購入します。一ドル80円として1万口を購入して80万円の料金を用意しなければなりません。

対してFXは証拠金を元に大きな取引が出来ます。現在個人で利用出来る最大のレバレッジ25倍ですから同じ一万口で35000円あれば購入する事が出来るのです。

さらにFXは証拠金を元手に買いだけではなく空売りが可能なのでどちらに流れても買い売りどちらにも対応出来るのです。

外国為替は銀行預金の利息が低い今、注目されていますが、円高に傾くと元本割れを起こすリスクがありますし、決済のタイミングがずれると受け取りのお金も大分変わってくるのでネット環境があり、ある程度為替の仕組みを勉強されてから臨機応変に対応出来るFXにシフトする方がいいでしょう。"

その他の管理サイト一覧

▲ページトップに戻る