FXイメージ
HOME > スプレッドとは?

スプレッドとは?

FXを始める人が増えているのですが、FXを始める前には様々な「専門用語」を覚えることが大切です。

何の知識もなく安定して利益を上げられるほど、FXの世界は甘くないと言えるのです。そこで、数ある専門用語の中でも、まず初心者の皆さんが覚えるべき「スプレッド」について理解してください。

「スプレッド」を簡単に説明すると、「買値と売値の差」ということになります。たとえば、あなたが「小売店」を経営しているとしましょう。この時、お店で売る商品を仕入れる必要がありますが、「仕入値+α」で売らなければなりません。「+α」はあなたの利益になりますので、多少の「上乗せ」は仕方ないことなのです。そして、これと同じことがFX業者でも行われていると考えておきましょう。

ところで、テレビのニュース番組の終わりに、「本日の円相場は1ドル90円10銭〜12銭で取引されています」というアナウンスを聞いたことがあると思いますが、「10銭〜12銭?その2銭の差は何だ?」と思ったことがある人も多いと思います。じつは、この差こそ「スプレッド」と呼んでおり、FX業者は1ドルを「90円10銭」で買い取り、それを「90円12銭」で売っているのです。つまり、「90円10銭」という仕入値に対し、「2銭」の「+α」を付けていると言えますね。こうすることで、1ドル当たりの取引が行われるごとに、「2銭」の売り上げが業者に入ってくることになり、これがFX業者の利益になっているのです。

これからFXを始めようと考えている皆さんの中には、「手数料を無料にして、業者は大丈夫なのか?」と不安に感じる方もおられると思います。しかし、FX業者は「スプレッド」などによってしっかりと利益を確保しているため、「手数料無料」や「出金手数料無料」などの、利用者に嬉しいサービスが可能になっているのです。

その他の管理サイト一覧

▲ページトップに戻る