FXイメージ
HOME > ストリーミング注文

ストリーミング注文

FX初心者の皆さんであれば、最初は「成り行き注文だけ」で取引される方も多いと思います。

もちろん、最初はこれでも構わないのですが、成り行き注文を繰り返していると、「クリックした時に表示されていた価格と、約定した時の価格が違う」ということもよくあります。皆さんも一度は経験されたことがあるでしょう。このように、価格が「すべる」ことを「スリッページ」と呼んでおり、略して「スリッペ」と一般的には言われています。

このようなスリッページは、成り行き注文ではとくによくあることなのです。FXでは、「この価格で買いたい」と思っても、その価格で売ってくれる人がいなければ取引は成立しません。同じ価格で「買う&売る」の両方の需要があってこそ、はじめて取引が成立するのです。そのため、成り行きでクリックしたとしても、その価格で売りたい人が現れず、結果、「価格がすべる」ということになるのです。

そこで、「ストリーミング注文」という注文方法を勉強してみましょう。成り行き注文のスリッページのデメリットを解消した注文方法であり、クリックした時と同じ価格、あるいは、もっと有利な価格で約定させることが出来る方法です。したがって、スリッページによって利益が飛んでしまう心配もありません(使いこなせればの話ですが)。

ストリーミング注文は、FX初心者の皆さんでも簡単に理解できる仕組みですので、「まだ成り行き注文しかしていない」というのであれば、ぜひ次のステップとしてストリーミング注文を覚えておきましょう。

▲ページトップに戻る