FXイメージ
HOME > スプレッドとスワップの関係

スプレッドとスワップの関係

スプレッドは、FX業者を比較する上で非常に重要なポイントと言えます。
「スプレッドの狭さ」で業者選びをする人も多いことでしょう。とくに、「デイトレ派」の方にとって、スプレッドは業者比較における「最大のポイント」と言えるかもしれません。

したがって、出来るだけ「スプレッドを狭く設定している業者」や、「狭いスプレッドで固定している業者」を選ぶことが大切なのですが、スプレッドは、業者からすれば「売り上げ」になっていることをご存知でしたか?つまり、スプレッドを「狭い&固定」にすると、その分だけ業者の売り上げが落ちてしまうことになります。もちろん、ある程度は業者の「企業努力」でカバーできる範囲なのですが、FX業界も過密競争の状態にあり、各業者はスプレッドを狭く、そして固定化する流れに傾いているのです。

しかし、いつまでも「企業努力」だけで売り上げの落ち込みをカバーできるはずはありません。落ちた分は必ずどこかで「埋め合わせ」をする必要があるのです。「埋め合わせされる場所」は業者によって様々ですが、まず考えられるのが「スワップポイント」でしょう。2国間の金利差によって利益を上げる方法であり、スプレッドが他社と比較して非常に有利な数字になっている場合、スワップポイントで不利になっていることがよくあるのです。素晴らしい企業努力により、「スプレッドとスワップポイントの両方で有利だ」という業者も出てきていますが、スプレッドの有利な数字を見つけたなら、「スワップポイントはどうなのか?」など、「埋め合わせがどこで行われているのか?」についてもチェックしておくようにしましょう。

その他の管理サイト一覧

▲ページトップに戻る