FXイメージ
HOME > スプレッドと約定力

スプレッドと約定力

スプレッドは、FXをする上で欠かせない「注目ポイント」です。

「1ドル当たりの手数料」とも言えるものであるため、レバレッジを高めに設定し、1日で何回も取引する「デイトレ派」の人にとって、スプレッドは業者選びの「最大のポイント」と言えるかもしれません。しかし、「スプレッドが有利である」という背景には、いくつかのデメリットがあることも知っておきましょう。

有利なスプレッドの裏にあるデメリットとして、最も大きなものが「約定力」です。「スプレッドの狭さ」と「約定力」の関係としては、一般的に、スプレッドが有利であればあるほど、約定力が低いとされています。多くの業者がスプレッドを狭く設定しているため、「約定力の強化」こそ、業者に求められる「最大の課題」と言えるかもしれません。実際、いくつかの業者では、「有利なスプレッド+強い約定力」を実現させつつあり、これがもっと広がれば、私たち利用者にとって非常に取引を有利に進められると言えるでしょう。

そこで、ぜひFX初心者の方でも「約定力」を業者比較の1つの判断材料に取り入れてください。むしろ、初心者の方にこそ、約定力を重視する意味があるのです。というのも、初心者の方は様々な注文方法を駆使できず、最初は主に「成り行き注文だけ」で取引されることも多いと思います。成り行き注文では、「好きなタイミングで注文を出せる」というメリットがある半面、「スリッページが起こりやすい」というデメリットもあります。したがって、「成り行き注文メイン」で取引するのであれば、約定力の高い業者こそ「損をしにくい業者」と言えるのです。

その他の管理サイト一覧

▲ページトップに戻る