FXイメージ
HOME > 運用効率の差

運用効率の差

FXにおけるスプレッドとは、ある通貨を買う時のレートと、売るときのレートの差のことです。例えば、日本円をアメリカドルに換える場合は、100円で1ドルに帰れますが、逆にアメリカドルを日本円に換えるときは、1ドルが99円になる場合、100円と99円の差の1円がスプレッドということになります。 このスプレッドは資産運用の観点から見ると手数料ですので、幅が狭ければ狭いほど運用効率が上がります。ですからFX取引を行う上では、この幅が狭い取引業者で行うことが重要です。先ほどの例で言いますと、1ドル100円で10000ドル買うと100万円が必要です。その後レートが円安方向に1円動いた後に10000ドルを円に換えた場合、1円レートが上がったにもかかわらず、買った時と同じ100万円しか戻ってきません。これが、スプレッドが半分の50銭であれば、1円レートが動いた後売れば100万5000円戻ってきます。これが運用効率の差です.

その他の管理サイト一覧

▲ページトップに戻る